溝の口の歯医者によるインプラント

虫歯の進行や歯周病の悪化で歯がなくなってしまい、自分の歯を失ってしまうと、歯根部分も同様になくしてしまうことがあります。

※関連ページ→《URL:http://wooris.jp/archives/183098

入れ歯を用いた治療法や、まだ残っている歯を土台にしてブリッジを作るなどの治療法がありますが、なかなか快適に使えるものがなく、歯がダメになると人生のクオリティにも影響がでてしまいます。

そこで人口歯根とも言われるインプラントを用いて、少しでも長く自分の歯で食べたり、話したりして楽しめるようにアプローチをしていきます。

インプラントではアレルギーフリーで発がん性ではないなどの厳しい条件をパスした素材選びがされています。

溝の口の歯医者でもスクリュー、シリンダー表面処理、ブレードなどのタイプがあり、それぞれに特徴のある治療方法をとります。

インプラントは手術によって埋め込みをします。

まずは歯根部分に埋め込みをし、その後1週間程度で抜歯し、3か月くらい口の中でなじむのを待ちます。

術後は感染などをしないように定期的に溝の口の歯医者へ通います。

口の中を清潔に保ち様子を見ます。

二次手術では、骨と結合した本体に土台をネジでとめる作業です。

抜歯後には仮の歯を入れていきます。

インプラントの素材自体が虫歯になることはありません。

安心ではありますが、歯石がついたままだと、歯周病になってしまうリスクが高くなります。

歯周病を防止するにも日頃の歯みがきなどお口の健康を第一に考えるのが大切です。

すっきりした清潔な口もとで過ごすようにしたいですね。