溝の口の歯医者に行く前に知っておきたいかぶせ物とコア

溝の口の歯医者でかぶせ物をする際には、虫歯になった歯の根の部分を補強します。

この補強する土台の部分はコアで作ります。

コアにも保険診療の範囲のものから自由診療までさまざまな種類があります。

コアを補強してから上にかぶせ物をします。

一端神経などを失ってしまった歯の治療には、コアとかぶせ物の組み合わせで歯を構築することになります。

溝の口の歯医者に通う前には、治療の手順をある程度知っていると安心でしょう。

虫歯の治療と言えば、虫歯を削って除去し、その穴のあいた部分に金属などを詰めるという方法です。

古くは金属を用いた治療も、審美性が良く耐久性が高いさまざまな材料を利用するようになりました。

金属を使わないオールセラミックでは、歯の色に近い素材で見た目に自然です。

歯と歯茎の間が黒くなるということもありません。

一切金属を使用しない治療方法です。

メタルボンドという素材は、金属の上にセラミックを焼き付けたものです。

見た目に自然ですり減ることもありません。

ハイブリッド・セラミックはセラミックにレジンを混ぜたものです。

強度が弱く、劣化して変色することがあります。

保険内治療では金銀パラジウム合金を使用することが多いです。

金属が黒ずんだり経年劣化したりすることがあります。

また、金属アレルギーの人は使用を控えた方がいいこともあります。

ゴールドは合金を使用します。

金属アレルギーが起こりにくいことや、強度が強いことなどなどが人気です。

PGAはゴールドにプラチナなどを加えて作ります。

ゴールドのカラーに抵抗のある人は中間色のPGAを選ぶ人もいます。