口臭と歯の疾患は溝の口の歯医者さんに相談しよう

口臭は、歯周病や虫歯の進行のバロメーターになっていることもあります。

歯の疾患以外には、呼吸系統、胃などの消化器系の問題、糖尿病などが要因になっているケースもあり、一概に歯医者さんで相談すれば良いというものでもありません。

しかし、歯や歯茎に違和感があり、口臭も気になるという場合には、速やかに歯医者さんで歯の治療をするのが良いでしょう。

歯の疾患が口臭の原因ならば歯の治療が進めば口臭も収まります。

口臭が自分で考えているほど臭わず、特にこれといった口臭につながる原因もない人で、自分は口臭がひどいのだと思い込んでいる人がいます。

口臭には他臭症といって他の人にもはっきりわかるニオイがするものと、自臭症といって自分だけが悩んでいるタイプがあります。

口臭で溝の口の歯医者に相談に来る人も、2割くらいは自臭症です。

口臭は測定する機械で計測すると、普通の人程度の口臭で、通常の範囲内でも、自分でクサイと思い込んでしまっているパターンです。

歯医者さんで行われる口臭に関した治療では、歯周病などの歯の疾患があれば治療と予防指導を行うことです。

冠、詰め物などが口臭の原因になっている時も、同様に治療を行って防ぎます。

口臭が気になる、歯の調子も悪いと言う時は、溝の口の歯医者に相談に行くのもいいでしょう。

何が原因なのかがわかれば、治療をすることで口の中もさっぱりします。

自分だけが口臭がひどいのでは?と悩んでいる人は、歯医者さんで歯に原因がないことを指摘してもらうだけでも、気持ちが楽になるのではないでしょうか。