溝の口の歯医者による歯髄と根の治療

歯の痛みにもさまざまなタイプがあります。

ちくちくした痛み、しみる時の痛み、違和感のあるひりひりした痛み、腫れている時の痛み、熱をもったようにずきずき痛み出したら、歯髄への炎症を考えます。

ずきずき痛み出すとそう簡単には傷みもひきませんから、早めに溝の口の歯医者へ出向きましょう。

歯髄は一般に神経といわれているところです。

神経に虫歯が進んでしまうと、その痛みは簡単にはとまりません。

歯髄の炎症は感染をとめるところから始めます。

感染を止めることができたら歯髄を残すこともできます。

炎症が進行するとその部分を取り除くことになります。

場合によってはそっくり全部取り除くことにもなります。

歯髄をなくしてしまった歯は変色しやすくなり、歯の強度も弱くなってしまいます。

神経がなくなった歯はそれ以上痛みを感じることもありません。

神経を抜くことで骨まで虫歯が及ぶことは防ぐことができますが、虫歯ができてしまっても神経がないので痛みを感じないということになります。

歯髄に虫歯が進んで骨まで達してしまうと、以前は歯を抜くことで治療としていましたが、最近では根を治療して感染源を断つという方法を用いています。

歯髄を取り除いて詰めものをします。

虫歯の進行は思いのほか早く、気付いた時にはひどい状態になっているということもあります。

自分の歯だけでなく、お子さんの歯でも同様です。

家族の口の中と歯の健康を守るためにも、溝の口の行きつけの歯医者さんへ定期検診へ行きましょう。