溝の口の歯医者さんと一緒に虫歯予防

虫歯になりにくい習慣作りは大切です。

たとえば、食べる回数を減らして食べた後にはきちんと歯磨きをする。

甘いものを食べすぎないようにする。

食べる時には良く噛んで唾液を分泌させるようにする。

フッ素を取り入れる。

溝の口の行きつけの歯医者に定期検診をうけるのも大切です。

緑茶は虫歯予防に良いとも言われます。

カテキン、フッ素、フラボノールが含まれ、口臭や歯周病に良いとされています。

良くチューイングガムなどでも取り入れられているキシリトールという素材があります。

キシリトールは樹脂から取れる甘味料です。

糖分は虫歯の原因を作りますが、キシリトールの場合には細菌の栄養にならないので、歯を溶かす酸を作る原因にはなりません。

虫歯の初期ならばキシリトールで治すこともできるとされています。

歯磨き粉などにもキシリトール配合のタイプがあるので、探してみるといいでしょう。

▼こちらも参考に⇒むし歯の予防法(総論)| e-ヘルスネット 情報提供

溝の口の歯医者さんに相談してみるのもいいでしょう。

歯医者さんによってはフッ素で虫歯予防の措置をしてくれたり、シーラント法などで歯の溝をふさいで虫歯を予防する治療法を行うところもあります。

虫歯になりやすいことで悩んでいるなら、かかりつけの溝の口の歯医者さんに相談して、虫歯予防のケアをお願いすることもできるでしょう。

虫歯ができてひどくなってからあわてるのではなく、どうしたら虫歯にならないかを考えるのも大切です。

毎日の歯磨き以外にも工夫できる点はとりいれていきたいですね。