虫歯の進行を知った上で、溝の口の歯医者に行こう

虫歯ができても、その初期段階は自覚症状もありませんから、気付かないこともあります。

この段階で歯医者さんでわかっていたら、削るなどの治療をする必要もなく、フッ素などでケアすることになります。

少し進んで歯の表面に穴が開いてきても、表面のエナメル質には感覚はないので、虫歯特有の痛みなどはありません。

この段階で歯医者さんに診てもらうと、痛い思いはせずに治療をすることができます。

治療期間も長くはかからないでしょう。

溝の口の近くの歯医者には、数か月に1度くらい通って、痛いところがなくても診てもらい、クリーニングをしてもらうようにしたいですね。

虫歯が進行すると穴が中間の象牙質の付近へと進行します。

こうなると冷たいものや暖かいものを食べる時にしみるようになります。

さすがにこの段階ではかかりつけの歯医者へ行く必要がでてきます。

痛みを感じてからもそのままにすると、虫歯は神経まで進みます。

こうなると痛みは我慢ができないところまでいきます。

良く、溝の口で痛くない歯医者を探しているという人がいますが、このあたりまで虫歯が進行していると、痛くない治療というのは難しくなってきます。

やはり痛みを感じるまで放っておかずに、早めに治療をした方がいいのです。

虫歯が歯根まで進行すると、歯を抜いて治療することになるケースも出てきます。

歯を失ってしまうことになります。

理想的には自分の歯を大切にできるだけ長くもたせることです。

溝の口の歯医者さんに相談しながら、歯を失わない治療を選ぶ選択もあるでしょう。