虫歯のしくみと溝の口の歯医者による治療

神奈川の歯医者、というと溝の口の歯医者を思い浮かべる方も多いかもしれませんね。

溝の口には多くの歯医者があるのでよく話題にのぼるのです。

もし歯医者を探しているなら、自宅から一番近いからという理由で選ぶのではなく、多くの歯医者を見てその中から評判の良い歯医者を選ぶようにしましょう。

さて、そもそも歯医者に何故かかるのかといえば、一番の理由は歯が痛いから・・・すなわち虫歯、ではないかと思います。

では、その虫歯にはどのようにしてなってしまうのでしょうか?

虫歯は、ミュータンス菌などが感染して始まります。

ミュータンス菌はプラークと呼ばれる汚れの塊を作ります。

酸が歯からミネラル分を溶かしだす状態になると、虫歯ができやすくなります。

プラークはミュータンス菌などの細菌からできる不溶性グルカンが歯にこびりついたものです。

ミュータンス菌は糖分を食べて乳酸を作り、その乳酸が歯を溶かしていきます。

歯に歯石がついているままにしてしまうと、歯は虫歯になりやすくなります。

ですので歯をきれいに磨き、口の中を清潔に保つことが虫歯予防に有効であるといえるでしょう。

そして虫歯は実はなりやすい人、なりにくい人というもあります。

ミュータンス菌が遺伝的に多いという人がいますし、ラクトバチルス菌という糖分と合わさると強い酸を作って歯を溶かす菌が、やはり人より多く口の中にあるという人もいるのです。

また、食習慣の違いが虫歯のあるなしに関係する場合もあります。

三食以外に間食が多い人、甘いものが好きで食べた後に歯を磨かない人は、虫歯になりやすくなってしまいます。

歯の歯垢が多い人、唾液の分泌が少ない人、唾液は糖類を中性に戻す働きがありますが、それが弱い人もいますから、こういった体質の違いなどによっても、虫歯になりやすい人、なりにくい人というのはいるものです。

行きつけの歯医者さんを溝の口に持っている人は、虫歯の治療だけでなく、自分の体質や歯の状態、歯みがきの磨き残しの有無なども含め、総体的に口の中と歯の健康について相談できるようにするとよいでしょう。